「水ロトム」の画像検索結果
~概略~
ウォッシュロトム@突撃チョッキ
[性格/努力値] 控えめ/H252 C236 D20
[実数値] 157-×-127-170-130-106
[技構成] ドロポン/10万or放電/ボルチェン/めざ氷
[決定力指数] ドロポン28050/10万15850/放電13200
[耐久力指数] 45316/69580

[仮想敵] ランド/マンムー/グライ/カバ/マリルリ/レヒレ/アシレーヌ/スイクン/カグヤ/ドラン/コケコ/ボルト/マンダ
[運用] 環境に多い多くのポケモンに対して有利に立つことができ、特に地面枠には圧倒的な強さを持ちます。環境に通りが良いといわれている水タイプに強く、その水タイプを自ら通していけるのも強みです。先発、後発での後出しのいずれでも活躍できます。


~コンセプト~
現環境においてはミトムが刺さっています。その理由として、
・カバランドグライの流行、ガブドリュの減少による対地面枠性能の相対的な向上
・PGL上位30体中22体に等倍以上で通るという環境への水の通りの良さ
・その水タイプに対して一方的強く出られる
といったことが挙げられます。特にアシレーヌなどの高火力の水技を撃つポケモンに対して優位を取れるのはとても有用です。今回はそこを最大限に引き出せるチョッキミトムを紹介します。


~採用理由~
1.対地面
2.対水
3.ボルチェンによる対面操作
4.一貫性のある水技による相手への圧力


~調整案~
ミトム@突撃チョッキ

種族値
50-65-107-105-107-86
特性 浮遊
性格 控えめ
努力値 H252 C236 D20 
実数値
157-×-127-170-130-106
技構成 ハイドロポンプ/10万ボルトor放電/ボルトチェンジ/めざめるパワー氷

メイン電気技はオススメは放電です。羽マンダに対して麻痺狙いで連打ができ、上からめざ氷を入れることができるようになります。


~調整先~
襷アシレーヌに対して繰り出しが安定するようにH252D20振り。ここまで振るとうたかたのアリア+ムンフォ×2を最高乱数を引き続かれない限り耐えることができ、電気技2発で処理できます。残りは、遂行速度を意識してCにぶっぱしています。

~考察~
耐性が優秀なので繰り出し性能が高く、ボルチェンにより対面操作もできるため、先発後発いずれでも活躍できます。しかし、耐久自体に余裕があるわけではないので、特に物理方面は注意して扱わないとすぐに過労死します。特殊方面もチョッキ込みで7万程度の指数なので基本的には半減読みでの繰り出しとなります。
有利対面では水の通りが良ければドロポンを押しているだけでも相手のパーティを崩壊させられます。電気が通る相手にはボルチェンで回すこともできますが、下を取られる高火力相手には、下手にボルチェンをすると居座られた時に交代先にZ技をぶっ放される恐れがあるので、最初はメイン電気技から入るようにすることをオススメします。


~相性の良い味方~
草タイプに対して無力であるため、炎タイプのメガリザXやメガバシャは好相性です。ミトムでカバランドアシレーヌレヒレあたりを処理できるので相補性があります。

~ダメ計~
<火力>

[ハイドロポンプ]
HD特化カバルドン 72.5%〜86.5%
D4カプコケコ 75.1%〜89.6%

[放電]
H252アシレーヌ 62%〜73.7%
H252テッカグヤ 62.7%〜74.5%
H4メガボーマンダ 40.9%〜49.1%

[めざ氷]
H4メガボーマンダ  81.8%〜98.2%
HD特化グライオン 61.5%〜74.7%

<耐久>
特化メガボーマンダ捨て身 43.9%〜51.5% 乱数2発 (10.5%)
特化アシレーヌムンフォ 34.3%〜40.7%
C252カプコケコEF10万 36.9%〜43.9%